家族の成長に合わせた間取りを考えるには

10年後、20年後も住みたい家だから

家づくりは、10年後や20年後を見据えて計画したいものです。現在、子供が小さい方は子供の成長を考える必要がありますし、親と同居する時には介護の問題も視野に入れておくことが必要になります。
子供は成長するにつれて、荷物が増え部屋の使い方にも変化がでてきます。その変化に対応できるように収納スペースを工夫したり、可動式の間仕切りを利用したりするなど間取りを考えることが大切です。
成長に合わせてリフォームすることを検討する方も多くみられますが、実際には大規模なリフォームは生活に制限が出たり出費が負担になったりする場合もあります。そのためには、初めからフリーに使えるスペースを設けて、それぞれの部屋と空間とを利用してみるのも良いでしょう。

年老いても安心な間取り

高齢になった時に安心して住める家づくりというと「段差をなくす」「手すりをつける」というような設備に目を向けがちです。確かに設備は大切ですが、間取りは家を建てたあとには変更が難しいため、高齢者に配慮した間取りも重要です。
リビングは一日の中でほとんどの時間を過ごす空間です。家族が集まる場所でもありダイニングやキッチンと一緒になった間取りで、家事動線の効率も考えた設計がおすすめです。寝室はトイレが近く、緊急時には避難しやすい場所に設けることも高齢者には大事です。また、トイレも場所だけでなく、車椅子で移動できる広さや扉の開閉など使いやすさに配慮しましょう。
年齢を重ねていくうちに身体能力も衰えてきます。高齢者の心身の不安を解消して快適な毎日をおくれるような間取りを工夫することが大切です。

二世帯住宅にすることで、家事や子供の教育など日常面での協力、生活費の削減や賃金の助け合いなどの経済面の有利などメリットがあります。