注文住宅ならではの醍醐味はこれ

こだわりの部屋を作れる

注文住宅の醍醐味は、分譲住宅とは異なり特別なこだわりの部屋を作れる点にあります。例えばご主人の憧れの書斎を作るというケースを考えてみます。決して広くはない空間ですが、外の光を存分に取り込んだり壁一面に本をぎっしりと収納できる棚を備え付けたりと、自由にこだわることができます。あるいは奥様のこだわりスペースとして専用の作業スペースを確保することもできます。家事をしたり趣味に没頭できるような広いカウンターを設けるといった設計も可能です。それほど費用を割くことなく確保することもできる点が、注文住宅の利点であり醍醐味であると言えるでしょう。ちょっとした余白とも言える空間を作ることで、生活を一段と楽しめる住まいにすることができます。

予算内でどこにポイントを置くのかを決めることができる

分譲住宅は販売価格から予算を確保し、結果的に万人が住みやすいと思えるような無難な間取りに仕上がります。けれども注文住宅は全く自由な発想から間取りを決めることができます。広いリビング空間を確保するために寝室は極力狭くするといった設計もできるわけです。家族が暮らす上で、何を重視するのかを考えて大切にしたい部分を充実させることができます。他の家族にとっては住みにくい間取りかもしれませんが、施主の家族には満足できる空間になるわけです。子供が自由に走り回れるように、廊下で四方を囲んだ家というものも設計できます。ある意味芸術とも言えるような間取りで、けれども住みやすさを追求して自由に予算を配分できるのが醍醐味と言えるでしょう。

住宅の購入を考えた際にハウスメーカーの購入以外に設計事務所への依頼という方法もあります。依頼する場合、その設計者のデザインの特徴を知っていると自分の理想とする住宅のイメージが付きやすくなります。